ブログ

涙の役割って?

まず第一に角膜の表面を平滑に保ち、目に入ってくる光の乱反射を防ぐことです。 また、涙は外界から角膜を守る役目も果たしています。角膜の乾燥を防ぐことはもちろんですが、外界からの小さな異物を洗い流します。
涙には細菌の侵入を防ぐための免疫グロブリンなども含まれています。 角膜は大気中の酸素をとり込んで呼吸していますが、涙は酸素の角膜へのとり込の橋渡しの役目もしています。
このような涙の分泌量が少なくなると、角膜表皮層が直接、外界にさらされることになり、角膜は乾燥し、表面に傷がつきやすくなります。 そうなると細菌感染の機会も多くなり、角膜潰瘍をおこしたりします。そして角膜は透明性を維持できなくなって、白濁してしまいます。

  • 涙の役割って? はコメントを受け付けていません。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る